Hazuki Natuno

Hazuki Natuno

Menu

Concept ” nature “

Back to portfolio

Portfolio “nature

I have taken some photos in the nature of Ogasawara for the work of this series .
Before the break of dawn, the sky and sea was tainted by a light purple color.
The color of the sky is going to change in a blink of an eye .
Observe the expression of nature and let your skin and body absorb the changes in the light .
Sometimes you can feel yourself entrusted to the nature of Ogasawara .
Only in the midst of human nature , you can say that it is that it beautiful .

The theme of the works of these series is “nature”.
We use two meanings for the word nature .
Natural as in the presence of nature and natural as in a state .
Forest, sky, and sea.
Starry sky and the trees .
Wind and water .
Like every other person that exist outside of our world, we all love nature .
We can even exist in a natural state.

For me, rather than saying the presence of humans conflict with nature, humans co-existence with nature.
And with humans, it is naturally very beautiful .
When I photograph human in harmony with nature, that itself is natural.
I want to express nature and humanity so I produced this work.
I hope that the people watching it can feel the sea, wind, and sky in their hearts.

この一連の作品は小笠原の自然の中で撮影した。
曙光に輝く前の海と空は淡い藤色に染まる。
空の色は瞬く間に色を変えていく。
陽が昇る前の空気が心地良い。
自然の表情を観察し、光の変化を身体と肌で追う。
小笠原の自然に身をゆだねていると感じることがある。
それは、人間は自然の中にあってこそ、美しいということだ。

この一連の作品のテーマは「自然」だ。
自然という言葉を私たちは二つの意味で使う。
状態としての自然と存在としての自然だ。
森、空、海。樹々や星空。風と水。
私たちの外界に存在する他者として、私たちは自然を愛する。
だが、私たちも状態として自然であれることが出来る。

私にとって人間は自然と対立する存在ではなく、一体となった存在だ。
そして自然そのままであるときの人間はとても美しい。
そうした自然と調和した人間のあるがままの姿を撮影しているとき、私そのものも自然となる。
背筋が伸び、ゆっくりと自分が開かれていく。
その感覚はなにより心地良い。
私は自然と人間を表現したいと考え、この作品を制作した。
観てくださる人の心の中で、海と風と空を感じていただければと願う。