Hazuki Natuno

Hazuki Natuno

Menu
帰りたいと思える場所

帰りたいと思える場所

Back to blog list

昨日と今日、2人の小笠原の友達と会った。
友達との再会は、こころがぽかぽかする。
昨日の友人とは渋谷を散策して、今日会った友人とは浜松町で飲んだ。
2人とも私にとってとても大切な友達で、ひさしぶりに会えて嬉しかった。

飲みながら、小笠原でお世話になったある人の話になった。
友達と別れた後、その人のことが気になって電話した。
「元気?」と聴くと「元気じゃないよ」との返事。
ぽつぽつとお互いの近況を話していると、小笠原にいるような気持ちになった。

私は満員電車と寒さが苦手だから、小笠原に帰りたくなるよ。
そうだろうね。もし、仕事が見つからなかったら小笠原に帰っておいで。
優しい言葉に、泣きたくなった。
嬉しくて、懐かしくて、ありがたかった。

私にとって小笠原は心の中にある宝物のような島だ。
疲れたとき、くじけたとき、小笠原のことを想うと幸せになる。
子どもの頃に食べたお菓子の味を想い出すような、そんな切ない気持ちになる。
それはたぶん幸せなことだと思う。

胸の中に帰りたい場所がある。
その場所のことを想い出すと、幸せで、暖かくて、嬉しくなる。
想うだけで元気をもらえ、そして撮りたくなる。
なんか場所はなかなか、見つからない。

いつ、行けるのかはわからない。
だけど、やっぱり帰りたい。
出産と子育てに帰るザトウクジラのように。
きっとそんな場所を、きっと「故郷」と呼ぶのだろう。

2015年2月12日記す

Archive

New post