Hazuki Natuno

Hazuki Natuno

Menu
どんな暗闇の中であっても、花は咲くだろう

どんな暗闇の中であっても、花は咲くだろう

Back to blog list

私の中に埋めようのない淋しさと絶望感があり、時にその事実にぞっとすることがある。
心の中に空虚な穴がぽっかりと空いている。
その埋めようのない穴には寂しく物悲しい音楽が流れている。
私はそのことに気づき、泣きそうになる。

暖かくて、柔らかくて、哀しくて、淋しい。
時に私はその穴の中に隠れもし、落ちるときもある。
穴の中は子宮のように、温かい。
寂しいけれど、温かい。

私は蹲って、泣き叫ぶ。
誰にも聴こえないように、泣き叫ぶ。
だけど、誰かがその泣き声を聴いていて、私に優しく手を差し伸べる。
その手は白くて、温かい。

温かくて、哀しくて、優しいその手に支えられ、私は穴の中で立ち上がる。
そして、光に向かって歩いていこうとする。
その光は蝋燭のように、小さくて儚いけれど、同時に私を暖め、また励ましもする。
暗く長いトンネルを潜り抜けるように、私は穴の中で踠きながら、立ち上がる。

そうして、光の中で、気づく。
周りに、花が咲いていることに。

小さな花々はきらきらと光り、私の心を照らす。
私の心の穴は埋まることはない。
だけど、その穴は空虚なものではない。
その穴の中に、花々の種は眠っていると私は知っている。

そして、その花がいつか必ず咲くのだと、私は気づいた。

どんな暗闇の中であっても、花は咲くだろう。
その花の光りを信じて、私は今日も生きる。

Archive

New post