Hazuki Natuno

Hazuki Natuno

Menu
Love the islands, Love the people 〜島を愛し、人々を愛する〜

Love the islands, Love the people 〜島を愛し、人々を愛する〜

Back to blog list

Cloudy on January 2, 2020.
The light is a little softer than January 1 when the sky was blue.
Yesterday, I was invited for Mochi-tsuki on New Year’s Day, and I had a lot of delicious Osechi and freshly pounded Mochi.
When I returned home in the evening, I was invited to dinner on New Year’s Day by a person who was taking care of me.
Bring your own sparkling wine and spend the night with my loved ones.
Served dishes and warm time.
In addition to being invited, I also have friends who offer rice cakes and Osechi, and this year’s New Year’s meal is very luxurious.
Too extravagant a happiness almost makes me cry.
I think it’s really a happy thing.

What I like about Bonin islands is that the distance between people is close.
People can fight if they are too close.
You’ll have a lot to worry about because you’re close.
On the other hand, there are many things that were saved because of the sense of distance.
I’m not good at socializing.
That is why I have been greatly saved by the unique communication with the people of this islands.
To be honest, it may be the first time in my life that I have spent such a happy New Year.
I didn’t think that a new year without feeling lonely would come to me.

To love a place to live is to love the people who live there.
I wish to cherish my precious and lovely people just as my precious people cherished me.
And I wish to love and cherish this island called Bonin Islands, where I live now.
And I can feel loved on this island because I love it myself.
I want to cherish this mutual love and live for 2020.

2020年1月2日、曇り。
青空だった1月1日に比べて、少し光が柔らかい。
昨日は元旦の餅つきにお呼ばれして、おいしいおせちとつきたてのお餅をたくさんいただいた。
夕方家に帰ると、お世話になっている方から元旦の夕食に招かれた。
スパークリングワインを持参して、大好きな方々と夜を共に過ごす。
並べられたご馳走と、暖かな時間。
こうして招いていただけることだけでなく、お餅やおせちを差し入れてくれる友人もいて、今年のお正月の私の食事はとても贅沢だ。
あまりにも贅沢な幸福に泣きそうになる。
本当に幸せなことだと思う。

私が小笠原が好きなのは、人と人との距離感が近いところだ。
人はあまりにも近いと喧嘩してしまうこともある。
距離感が近いからこそ、悩んでしまう事はたくさんあるだろう。
その一方で、距離感が近いからこそ救われたこともたくさんある。
私は人付き合いがうまい人間ではない。
だからこそ、この島の独特の人々とのコミニケーションにとても救われてきた。
こんなに幸せなお正月を過ごしたのは正直生まれて初めてかもしれない。
孤独を感じない、そんな新しい年が私にやってくるとは思わなかった。

住む土地を愛すると言うのは、そこに住む人々を愛するということだ。
大切な人たちが私を大切にしてくれたように、私にとって大切な愛すべき人々を私も大切にしたい。
そして、いま住まわせていただいているこの小笠原諸島という島を、愛し大切にしたい。
そして私がこの島で愛されていると感じることができるのは、私自身がこの島を愛しているからだとも言える。
この相思相愛を私は大切にして、2020年を暮らしていきたいと思う。

Archive

New post