Hazuki Natuno

Hazuki Natuno

Menu
愛することはできる、傷は消えなくても

愛することはできる、傷は消えなくても

Back to blog list

幼い頃、傷つけられることが怖かった。
愛すること、愛されることはもっと怖かった。

私は家族のことが大好きだった。
父や母も祖母や祖父のことも大好きだった。
だけど父も母も祖母も、私が愛した人は皆私を傷つけた。
私を傷つけないのは祖父たちだけだった。
私は愛してるからこそ、なぜ家族が私を傷つけるのかわからずに混乱した。

愛することは、私にとって我慢することだった。
なぜなら私が愛した人達の望みは、私を傷つけることだった。
私は愛されているのだから、傷つくことを我慢しなければいけないと思っていた。

あの頃の思いこみは、いまは違うとわかる。
愛は本当の意味で人を傷つけるものでは無い。
誰かを傷つけるものがあるとしたら、それはエゴであって愛ではない。

私は人を愛したい。
深く深く、人を愛したい。
そして、人に愛されたい。

私はもう愛は人を傷つけないものだと知っている。
人がそばにいて怖くなることはある。
けれど、本当の意味でその人は私を傷つけようとは思わない。

私は人を愛したい。
そして愛されるようになりたい。
幼い頃の呪縛から抜け出して、自由になりたい。

痛みを恐れず、回復できる強さを持ちたい。
そして人を許せる優しさを持ちたい。
天使のようにとはいかなくても、私にもできることがあるはずだ。

傷は消えなくても、愛することはできる。
そばにいてくれてた、野良猫の空海のように。
あるいは私の傷を見守り、痛みごとそばにいてくれた友達のように。

Archive

New post