Hazuki Natuno

Hazuki Natuno

Menu
一緒に、前を向いて、動いていこう

一緒に、前を向いて、動いていこう

Back to blog list

2020年の年末、ちょっと大変だった。
12月28日に前浜で倒れて、救急で診療所に運ばれた。
12月30日に引越し予定だった新居の大家さんに問題があることがわかり、引っ越しを取りやめた。
倒れた後、診療所で受けた心電図とレントゲンと血液検査では異常がなくて、ただ胸と肺の間が痛かった。
倒れてから10日以上経って、ようやく痛みが少しずつとれてきた。
最近、なんとかスムーズに呼吸ができるようになった。

倒れてみて、いろいろなことを考えた。
自分が自覚以上に、身体や心が発していたサインを無視していたとわかった。
仕事。人間関係。引っ越し。
思い当たるストレスがあり過ぎた。
その一つ一つを私は無視してきていた。
自分の中の無理ばかりする体質に、苦笑を禁じ得ない。

大晦日も元旦も、倒れて引っ越しを辞めた直後で、料理もほとんどできなかった。
事情を知る友人が、お節を差し入れてくれた。
とてもありがたかった。
そういえば、2018年12月27日も心臓の痛みで倒れていた。
2019年12月のクリスマス前後も、心労が重なって大変だった。
私にとって師走は、心臓に負担のかかる期間なのかもしれない。

倒れたことで良いこともあった。
引っ越しを取りやめることができたのは、良かった。
いまの部屋の大家さんに引っ越しを求められているから、新居は探さなければいけない。
それでもあれ以上の対人トラブルを避けられたのは良かった。
診療所の主治医が真剣な眼で「ストレスからは逃げなさい」って言っていたのを思い出す。
とても正しいと思う。

不安や呼吸痛で胸の痛みが消えないとき、とにかく海へ行った。
海は、いい。
私が不安定でも、落ち込んでいても、海は変わらずそこにある。
風が強くても、雨が降っても、晴れても、海は海だ。
私はどんなことがあっても、海に行くと元気が出る。
だから、小笠原に住むことを選んでいるのだと思う。

落ち込んでいる期間にTwitterで次の投稿を見つけた。
市川衛さんという医療ジャーナリストの方の投稿だ。

なんか、胸を打たれた。
倒れても、家を失いそうでも、呼吸が痛くても、大丈夫だ。
仕事があって、痛くても動く身体があって、助けてくれる友達がいる。
私は、元気でも健康でもないかもしれない。
でも、まだ生きてる。
そして、希望を持ってる。

つらいことは、いろいろあるかもしれない。
落ちこむことも、立ち止まることもあるかもしれない。
でも、前を向こう。
立ち止まっていても、前を向くことはできる。
歩けなくても、光を探すことはできる。
動けなくても、できることはあるはずだ。

そんな訳で、元気じゃないけど元気です。
私は、私にできること、私にしかできないことを、やっていこうと思います。
元気なくても、いい。
私は、大丈夫。
だからきっと、世界も大丈夫。
一緒に、前を向いて、動いていこう。

Archive

New post