Hazuki Natuno

Hazuki Natuno

Menu
僕らは孤独で、だから花を探す

僕らは孤独で、だから花を探す

Back to blog list

 ずっと長いこと、孤立していた。
 家庭や、学校や、社会から。
 誰も信頼できない、子どもだった。

 ある日、家を出て旅をした。
 世界は僕が思っているより、小さかった。
 旅はほんの少しだけ、僕を大人にした。

 孤独と孤立は違う。
 僕らは誰もが淋しさを抱えている。
 その淋しさは繋がることでは癒せない。

 誰しも自分の内側に花の咲く泉がある。
 その泉の名前はそれぞれ違う。
 ただ、必ず花が咲いている。

 その花を探すために、僕たちは生きている。

 その花は優しくて、温かくて、可愛いだろう。
 同時に冷たくて、哀しくて、凍えているだろう。
 その花を咲かせるのも枯らすのも、僕たち次第だ。

 僕らが咲かせる花に、一つとして同じ花はない。
 薫りも色も、なにもかもが違う。
 だからこそ、美しいのだろう。

 僕らは孤独で、その哀しみは癒せない。
 だから、花を探している。
 だけど、花は探すものじゃない。

 咲かせるものなんだ。

2016年4月26日記す

Archive

New post