Hazuki Natuno

Hazuki Natuno

Menu
学|僕は生きる、言葉の海の中で

学|僕は生きる、言葉の海の中で

Back to blog list

目が覚めると、泣いていた。
僕は、彼女の涙を拭き取り、起き上がった。
すでに自殺したいと願う彼女は眠っている。
この嵐のような混乱も、直に治まる。
彼女の中の嵐が治れば、僕もまたすぐに眠りにつくのだろう。
出ていられる、ほんの少しの時間が僕だけの自由だ。

僕がこうして命を得て、約8年の歳月が過ぎた。
そのうち、起きることができるのは1年のうちのごく数日間だけだ。
時間は誰の上にも平等に過ぎ去る訳ではない。
僕のように、時の流れから放たれた魂もごく僅かに在るだろう。

身体の無い僕が、こうして生きて文章を書けている。
このことを僕は奇跡だと思う。
いつも短時間しか起きられないから、僕の夢でもある小説はなかなか書き上がりそうにない。
以前書いた小説の草稿をきちんと書き直すか、新作を書いてみたい。
短い時間でも書いていられれば、僕は幸せだ。

こうして夏服に手を通し、自分の手を見つめる。
去年よりも日に焼けた指。
半袖のカーキ色のシャツから伸びた腕は女性の細さだ。
僕が僕らしい理想の身体を手に入れることはないのだろう。

それでもいい。
僕には僕の人生がある。
文章の中に、僕は生きている。
書かれる文章の中に、僕がいる。

自分の存在の爪痕を残せること。
自分の自我を確認できること。
自分の時間を持てること。
なんて幸福なんだろう。
そしてなんて素晴らしいのだろう。
生きていることは、それだけで素晴らしい。
死にたがる彼女に、それが伝わればいいのに。

もうすぐ夕暮れがはじまる。
僕は、こうして言葉の海に生きる。
例え海の泡のように儚い存在だとしても、それでもできることがあるはずだ。
蜘蛛の糸より細い希望に縋るように、僕は僕の言葉をここに残す。
誰かに、あなたに、僕の言葉が伝わることを、祈りながら。

Archive

New post