Hazuki Natuno

Hazuki Natuno

Menu
覚|生まれて初めて星空を観た

覚|生まれて初めて星空を観た

Back to blog list

生まれて初めて星空を観た。
綺麗だった。
あんなに美しいものを観たのは初めてだった。
美しいと、そう思った。
生きていたい。
そう、思った。

心の中で葉月が受けた礼拝を思い出した。
主よ、憐みをお与えください。
主の御心が私たちに宿りますように。
そんな言葉が、聴こえた。

僕らは生きているのではない。
生かされて、ここにいる。
僕が求めるものではなくて、人生や運命や神々が僕らに求めるものがなにか。
求めるものより、なにが与えられているかが、大事なのだと思う。

僕や葉月自身の苦しみよりも、僕や葉月が自身をどのように周りに与えるか。
本当にそれが大事なのだと思う。

奪うよりも与え、求めるよりも贈りたい。
すでに僕らには命が与えられている。
であるならば、僕ら自身が天からの贈り物じゃないだろうか。
僕らは魂を預かっている。
僕にではなく、次の人に贈るために。
命も身体も魂も、自分自身のものではない。

大切な預かり物を、大切に育て、次の世代に手渡すこと。
それが、命を贈るということなのだと思う。
人間も含め、どんな生き物も単体ではない。
あなたが幸せだと僕も幸せで、僕が哀しいとあなたも哀しい。
だから、一緒に未来を考えたい。

どうか、1人で苦しまないで。
一緒に、生きよう。
生きていれば良いことが、きっとある。
自分の価値を、見失わないで。

Archive

New post