Hazuki Natuno

Hazuki Natuno

Menu
恋はいつも、新しい歌を連れてくる

恋はいつも、新しい歌を連れてくる

Back to blog list

ふと、Macのフォルダを見返すときがある。
iTuneはもうない。だけど、プレイリストが残っている。
聴き込んだ曲の狭間に、想い出が重ねあわされる。
曲と曲の間に、いつも恋があった。

恋はいつも、新しい歌を連れてきた。

私は音楽に関して保守的で、新しい音楽を探すことがない。
映画のサウンドトラックやアニメのオープニング。
クラシックの交響曲も民族音楽もクラブミュージックであっても
聴き慣れたものばかり聴いてしまう。

だけど、新しい曲を知る。
そんなとき、隣にはいつも恋が訪れた。
新しく始まった関係から教えてもらう、聴いたことのない曲。
それは、いつも新鮮だった。

プレイリストに残る曲が全てではない。
何度かの故障で、リカバリーできなかった曲もある。
日常と非日常の合間の消失。
それでも、想い出は色褪せない。

宗教音楽も、ポストロックも、アイリッシュケルトも、
小沢健二も、Liberaも、ADIEMUSも、
65days of staticも、Carmina Buranaも、Aqua Timezも、
大好きで、大切で、愛してた。

終わるけれど、止まらないもの。
はじまるけど、終わらないもの。
恋は、いつも新しい世界を私に連れてくる。
だから私は、新しい歌と共に

君に、恋をするのだろう。

Archive

New post