Hazuki Natuno

Hazuki Natuno

Menu
永遠も絶対も存在しない、だけど

永遠も絶対も存在しない、だけど

Back to blog list

2020年11月29日、晴れ。
三日月山展望台で、彼を撮らせてもらった。
約束してから、何度か撮影が延期になった。
その果ての、撮影だった。

11月5日と11日に、大切な方が2人亡くなった。
どちらの方も、私にとってとても大切な方だった。
何度も泣くことを堪えた。
お通夜の夜も、葬儀の日も、賛美歌を聴いて、ようやく泣けた。

どんな物事も、終わる。
命も、恋も、人生も。
永遠も絶対も、存在しない。
そんなことを考えた、11月だった。

彼は、私が彼を好きだと知っている。
11月5日に大切な人を亡くした夜に、告白したからだ。
私はそのとき、哀しみ過ぎていた。
だから、心に秘密を隠しておけなかった。

彼は少し困った顔で、彼の事情を話してくれた。
一人の時間が大切なこと。人との付きあいを求めていないこと。
そうしたことを、話してくれた。
私は、静かに頷いた。

11月8日がお通夜で、9日はご葬儀だった。
葬儀の日、とてもよく晴れた。
棺の中のお顔は穏やかで、笑っているように見えた。
奥様も、ご家族も、皆泣いていた。私も、泣いた。

空は、よく晴れていた。
賛美歌は綺麗だった。
献花した白いカーネーションを、いまも想い出す。
私は彼を撮影させてもらいながら、あの日の光を想い出していた。

私は不思議な体質で、撮影した写真を全て覚えている。
前後のことは抜け落ちるのに、シャッターを切った瞬間のことをほぼ全て覚えている。
愛作さんの撮影も、ジョージさんの撮影も、全て覚えている。
一度撮ると、絶対に忘れない。忘れることができない。

いまの私は、知っている。
永遠も、絶対も、ないと。
どんな命も、終わる。
どんな関係性も、変わる。

だから、覚えていたい。
ずっと、覚えていたい。

ジョージさんを撮らせてもらえたときの、彼の笑顔。
愛作さんが私の自殺を止めに来てくれた日の、景色。
彼を撮影させてもらった、今日という日。
全部、全部、覚えていたい。

忘れたくない。

撮影を終えた後、彼に「手をつないでもいいですか」と聴いた。
彼は、また少し困った顔で、それでも手を伸ばしてくれた。
私たちは、手をつないで、山を降りた。
いまも私の右手に、あのときの温もりが宿る。

永遠も絶対も、存在しない。
だけど、願うことが叶うなら、
今日という日を、永遠に覚えていたい。
手に残る温もりに、そう祈った。

Archive

New post