Hazuki Natuno

Hazuki Natuno

Menu
青空に、チャイナドレスを干して

青空に、チャイナドレスを干して

Back to blog list

夏の終わりだというのに日差しは強い。
気が紛れるよう布団を干す。
見上げれば、それは青くて。
当たり前のように、青くて。

ふと思い立ってチャイナドレスを手に取る。
上海で買った二枚のドレスはいままで着られなかった。
木綿の、藍染めの型も鮮やかな生地が私には眩しすぎたから。
もう若いと言えなくなって初めて、この夏着る気持ちになれた。
若さは過ぎてから初めて感慨を人にもたらす。

たぶん私はこのドレスをあと何回も着ない。
でも目にも鮮やかなこの色彩を忘れない。
壁に幾たびも飾り、飽きるほど目で楽しみ
でもいつか姪か誰かに強請られて譲るのだろう。

強風がドレスを嬲る。秋風が夏を連れ去っていく。
それを切ない想いで見守ると、
吹き飛ばされないようハンガーを抑えた。

2006年9月2日記す

Archive

New post