Hazuki Natuno

Hazuki Natuno

Menu
出会ってくれて、ありがとう

出会ってくれて、ありがとう

Back to blog list

69日ぶりに、再び振られる。
今度こそ、きちんと最後の予定だ。
なんか、変な日本語だ。
同じ人に2回、失恋している。
正確には、たぶん10回ぐらい失恋している。

好き過ぎる、というのは本当に問題だ。
アルコールだって薬物だって、摂取し過ぎると中毒でしかない。
同じように、好意や愛情も過剰は良くない。
わかっていて、コントロールできなかった。
彼に、申し訳なかった。

でも、好きになったことは1ミリも後悔していない。
好き過ぎて、迷惑をかけていた自覚はある。
その点に関しては、大変申し訳なかった。
だけど、好きになったこと、出会ったこと、全部後悔していない。
潔いまでに、本当に。

彼といると、不思議と安心できた。
人間として、非常に尊敬に値し、
男性として、非常に難しく、
仕事仲間として、背中を預けていられた。
出会えたこと自体が、宝物だった。

出会ってから150日ぐらいが過ぎた訳だが、
彼を好きになってから、ずっと「愛」について考えた。
何度も、何度も、彼のこと、彼のためになにができるか、考えた。
結論として、相手のためを考えると
「なにもしないこと」が彼にとって最上のことだとわかった。

できる最上のことが「なにもしないこと」というのは、私のような人間にはハードルが高かった。
私は動物に例えるなら、ティラノサウルスなラテン系肉食猪突猛進不安型である。
ハリネズミでアルマジロのような人とは、相性が悪い。
途中からコブラ対マングースとか、巨神兵対キツネリスのような距離感だった。
残念ながら、私はナウシカになれない。絶対に。

それでも、私は忘れないだろう。

撮るときに、守ってもらったこと。
撮らせてもらうときに触れた、髪の感触。
手を繋いだときの、体温。
彼と二人と歩いたときの、光。
この島のどこかで過ごした、時間。

私が彼にできることは「なにもしないこと」だけだ。
すでにこの文章自体が、蛇足だ。
それでも書いているのは、書かないと泣いてしまうからだ。
書かないと、泣けないからだ。
泣かないと、忘れられないからだ。

毎日、毎晩、彼の幸せを願っていた。
もう、こちらから連絡をとることは、ない。
それでも、やっぱり、彼の幸せを願っている。
いつも、笑顔で暮らしてくれることを、祈っている。
本当に。本当に。

出会ってくれて、ありがとう。

Archive

New post