Hazuki Natuno

Hazuki Natuno

Menu
forget me not 〜私を忘れないで〜

forget me not 〜私を忘れないで〜

Back to blog list

ひさしぶりにパソコンを立ち上げ、データを整理していたら古い写真が見つかった。
昨年亡くなったある野良猫のポートレイトだ。
この写真を撮ったのはもう、ずっとずっと前のことだ。
私は少し、泣きたくなった。

去年一年間いろいろなことがあって、撮影するたびになにかが失われていった。
自分が育った家。24年間、餌付けしていた野良猫の一族。人間関係。
シャッターを押すたびに、煙のように消えていった。
撮られることで、写真に残ることで別れを告げるみたいに。
撮ることは別れの儀式のようだった。
「さよなら」と言えない代わりに撮らせてくれている。
そんな日々が続いた。
私はだんだんと撮れなくなった。

私は写真の本質は「遺影」だと思っている。
儀式に使われるための写真、という意味ではなく言葉通り「遺された影」だと考えている。
私たちの眼の前の現実は必ず失われる。
必ず、間違いなく、失われる。
ただ、ほとんどの人間はそれには気づかない。
眼の前にある現実や人間や状態が「いま」そこにあって、その「瞬間」が過ぎ去れば失われるのだと気がつきたくないのだと思う。

写真は忠実なぐらい残酷だ。
シャッターを押す瞬間の「いま」は「そこ」にしか存在しない。
そしてそれに気がつきながら、押すしかない。
そこに残るのは「それがやがて失われるのだ」という虚無に似た確信だけだ。
その現実は限りなく残酷で、だからこそ美しいのだと思う。

この写真に写る猫も、その子猫も、猫の母も、そのまた母も、いまはもういない。
だけど、自分がどんな気持ちでそのときシャッターを押したのかは覚えている。
その気持ちを想い出すことは痛みを伴うけれど、だからこそその痛みを忘れたくないとも思う。

Archive

New post