Hazuki Natuno

Hazuki Natuno

Menu
「こんにちは」も「さよなら」も「ありがとう」も言わずに

「こんにちは」も「さよなら」も「ありがとう」も言わずに

Back to blog list

 ある人と、別れた。
 「友達になろう」と言ってくれたけれど、無理だった。
 その人を信頼できなくなったからだ。

 思うに信頼とはなんだろう。
 私にとって信頼とは「ありのままでいいよ」と認めること。
 そのままでいていい、と認めあうことだ。

 その人は良く言った。
 変わりたい、私を変えたいと。
 私は頷くことができなかった。

 変わることは、一見良いことに思える。
 だけど、本当に良いことはその人がありのままでいることだと思う。
 その結果、その人が変わりたいなら、変わればいい。

 相手のありのままを認めず、自分の思い通りに相手を変えようとする。
 それはすでに私にとって信頼ではない。
 ただ、苦しいだけの関係だ。

 人間と人間が別れるときは本当にあっけない。
 どんなに逢いたいと願っても、逢えなくなる。
 そのときはただ、結果を受け止めるしかない。

 「こんにちは」も「さよなら」も「ありがとう」も言わなくなって、すれ違い、それでも歩く。
 どこかで会えることを、微かに願いながら。
 二度と会えないことを、理解しながら。

Archive

New post