Hazuki Natuno

Hazuki Natuno

Menu
撮ることは、永遠に愛すること

撮ることは、永遠に愛すること

Back to blog list

私が小笠原諸島で写真を撮り始めて9年が経った。
その間にいろいろなことがあった。
友達が結婚し、子どもが生まれた。
私自身も結婚し、離婚を経験した。
島に住み、島を離れ、また島に暮らし始めた。

何人もの人を被写体として撮らせていただき、時には引き上げを見送った。
七五三や成人式も何人も撮らせていただいた。
学校の卒業を祝い、旅立つ日に撮った写真や動画をプレゼントした。
撮らせていただいた方の幾人かは亡くなった。
泣きながらプリントして、ご遺族に写真を渡した。

9年という年月は写真家が一つの地域に関わる長さとしては、決して長いものではない。
だが、人口2600人弱の離島ならではの出会いがあり、別れがあった。
そのいずれにも立ち会い、見守ってきた。
全て愛おしく、そしてかけがえない日々だった。
写真家として、これほど幸福なことはない。
撮らせていただいた方々に、本当に「ありがとう」と伝えたい。

私が撮影してきた写真には様々な背景があって、物語があった。
言葉で伝えられなかったこともあった。
渡せなかった写真もあった。
撮ることを断られたことや、撮影した後「発表しないでほしい」と言われたこともある。
写真を何かに使うときは「被写体の方に喜んでいただけるか」「お心を傷つけることはないか」を1番に大切に考えてきた。

写真を撮ることは私にとっては特別なことではない。
息を吸うこと、生きることに近い。
だが撮られる人にとってはそうではない。
撮ることに拘泥しない人もいる。
撮られることが非日常の人もいる。
あるいは写真が特別に大切な人もいる。
人によって、家族によって、写真や撮られることへの考え方は違う。

ずっとこの島で写真を撮っていると、人より少しだけ先の『運命』を見ながら撮影している。
その人の天命。寿命。健康。幸福。
どれとして、一定のものはない。
生命は、常に変化している。
全ては無常で、永遠ではない。
一人の人が一つの身体を持ち、同時に一つの島で命を分けあって生きている。
時として新しい命の誕生と来たる死を見つめ、寄り添いながら、撮影してきた。

写真を撮ることは、永遠に愛することに似ている。
千分の一秒の瞬間にシャッターを切るたびに、その人の幸福を願う。
百回のシャッターチャンスと一万枚の写真。
何度撮影しても、同じ瞬間はない。
愛する友人のお腹が膨らみ、家族が増え、皺が増し、いつか笑顔の瞼が閉じる。
今日と同じ明日はない。
やがて来る別れを耐えるために、私は撮っている。

永遠は、存在しない。
だからこそ、私は撮る。
「愛してる」と伝えるために。

Archive

New post