Hazuki Natuno

Hazuki Natuno

Menu
過ぎ去るもの

過ぎ去るもの

Back to blog list

空が暮れ泥み、夕闇へと変わる頃、雪も溶けて消えていった。
木の根元、建物の陰に残る白いものを観ながら気持ちを見つめる。
名残はある。証拠もある。
ただいまはもう、感慨がわかない。
はっきりとしたものと消えていくもの。
手に残らない、気持ち。
それはまるで雪のようだ。
願っても、永遠には手に入らない。

過ぎ去りゆく風の音はとても不思議で、誰にわからなくともわかる。
少なくとも、私にだけは。
雪も風も水も流れ、変化する。
止まり、固まるならそれは雪ではない。
ただの氷に過ぎない。
氷ではいたくない。
気化して消えてしまいたい。
この胸の水滴と、共に。

時間は経過し、精神は変化していく。
春の目覚めのように、気づきのときが来る。
それをもって私は

すべてを終わりにしようと思う。

Archive

New post