Hazuki Natuno

Hazuki Natuno

Menu
You and me

You and me

Back to blog list

上手くなんて、言えない。
だから書くしかないんだと思う。

あれを恋と呼んでいいのかは知らない。
いま、涙が出ない訳も。
君を好きになった理由も。
ただ、あの晩の君の温もりが恋しいのも事実で、
それはまぎれもない、事実で。

たぶんあのとき酒の代わりに僕は血を飲んでいて
たぶん君はそれをわかってくれていた。
マルガリータは僕には強すぎて、夜景はやけに綺麗だった。
星屑のような、という形容詞はあの晩のためにあるんだろう。

だから酔った勢いという口実に逃げて
たぶん君はわかって受け止めてくれた。
僕が倒れ込むようにキスしたとき受け止めてくれたことが
心底嬉しくてありがたかったんだ。

たぶん人はとても弱くて、ときに温もりが無くては生きていけない。
だから温めあうために夜はあるのだと思う。
朝がやけに白くて、湯はとても温かだった。
君の笑顔はそれ以上に温かだった。

たった、六日間。
児戯に等しいと人は笑うんだろう。
それでもずっと一緒にいたいと思っていた。
ずっと、一緒にいたいと思っていたよ。

百万の感謝を、あなたに。
一千万の幸福を、君に。
億の可能性の、すべてを。

傷つけてごめんなさい。
そして、ありがとう。

0 comments

Here is no comments for now.

Leave a reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Archive

New post