Hazuki Natuno

Hazuki Natuno

Menu
桃と、果実酒のはなし。

桃と、果実酒のはなし。

Back to blog list

私の家には、友人に譲られた何本かのお酒がある。
ウォッカ、ズブロッカ、ウィスキー、焼酎とどれも度が強いお酒ばかりだ。
そのままでは、下戸に近い私には飲めない。
だから、果実酒を作りたいと思っていた。

昔、梅酒とライチ酒を作ったことがあった。
お酒の種類にこだわりたくて、梅酒は泡盛とホワイトバカルディの二種類のお酒で作った。
長い時間をかけて漬け込んだせいか、どちらの梅酒も良い味になった。
あの時間を漬け込んだような甘い酒を、もう一度作りたいと思った。

お酒は何種類もあるから、複数のお酒が作れる。
さて、どんなお酒を作ろう。
ずっと探していた使いやすそうな瓶も、二種類見つかった。
私はうきうきしながら、八百屋で果物を選んだ。

大きそうな桃が軒先に並んでいる。
艶やかな皮は、赤ちゃんのほっぺたにも似ている。
私は一つ目の瓶には桃のお酒を作ろうと決めた。
もう一つの瓶には紫蘇酒を作ることにした。

丁寧に瓶を洗い、煮沸消毒する。
乾くひとときすら、待ち遠しい。
待つあいだに、桃を剥き、紫蘇を洗う。
瓶の底に氷砂糖を敷き詰めた。

peach

一番大きな瓶に、皮を剥いた桃を入れようと試す。
瓶の口より桃のほうが大きかった。
まるで、私の食欲みたいで少々気恥ずかしい。
私は瓶に入るように、桃を切り直した。

shiso

紫蘇はもう一つの瓶に、立てるように入れる。
透明な瓶の中に、氷砂糖と桃と紫蘇が入っているだけなのに、宝石のように見える。
どんな味になるか、心弾みながら、合わせる酒を選ぶ。
私は桃の酒にアレキサンダーというズブロッカを、紫蘇の酒に麦焼酎を選ぶと、ゆっくりと瓶に注いだ。

peach

さて、入りきらなかった桃がほんの少し余った。
私はマスタードが入っていた瓶も煮沸消毒していたことを思い出した。
小さな瓶に氷砂糖と桃を少しだけ入れると、そこに余った麦焼酎とスミノフというウォッカを注いでみた。
熟成したら、ズブロッカの桃酒と味くらべをしてみても、楽しいだろう。

まだ未完成の果実酒たちを窓際に並べる。
光に透けた瓶はきらきらと輝いていて、私は思わず夢中でシャッターを切った。
瓶の中の桃は寛いでいて嬉しそうで、紫蘇は生き生きとしている。
過ぎ行く季節を詰め込んだ瓶たちを眺めて、私は幸せな気持ちになった。

【桃の果実酒の作り方】

・桃
・氷砂糖(完成を速めたい場合はグラニュー糖)
・スピリッツ(焼酎、泡盛、ラム、ウォッカなど)

■作り方
1:瓶を丁寧に洗い、煮沸消毒かアルコール消毒をする。
2:桃の皮をむいて適当な大きさに切る。
3:果肉と種を広口壜に入れ、砂糖と一緒に漬け込む。
4:2週間程で飲めるようになる。3ヶ月程熟成させるとより味わい深くなる。

※桃の皮を剥かないレシピや、レモンを入れるレシピなど複数ありますので、お好みのレシピでお作りください。

Archive

New post