Hazuki Natuno

Hazuki Natuno

Menu
鮮烈な、輝ける時の中で

鮮烈な、輝ける時の中で

Back to blog list

あと1分で、緊急事態宣言が発令される。
そしてその11時間後には、私はおがさわら丸に乗る。
2泊3日の東京滞在なんて生まれて初めてだったけれど、振り返ると印象的な滞在だった。

東京は何も変わっておらず、つまり感染拡大も変わらないだろう。
これから厳しい医療崩壊が待っている。
がんになっても、交通事故にあっても、手術もできなければ治療もできない。
そうした厳しい現実がこれからの日本にやってくる。

ほとんどの日本人は、こうした厳しい現実を何も理解していないように思える。
それは私も含めて、だ。
これからの世界や日本を思うと未来が少しだけ憂鬱になる。
それでも明るく考えること、できることをすること、人を助けること、自分が幸せになることを忘れたくない。

もしかしたら私の命は私が覚悟しているよりも、もっともっと短いのかもしれない。
それでも、いま生きてよかったと思う。
生きていて良かった。
生きていて良かったと思えるようになってよかった。

何度も、自殺を試みたけれどその度に友達や家族が止めてくれた。
あの頃はその意味がわからなかった。
でも今は生きてることのありがたみがわかる。
誰かが私に生きていてほしいと願ってくれることそのものが、尊い奇跡だと思う。

だからこそ、残された命は、残りの人生の時間、人のために使いたい。
生きている事は限りがあり、だからこそ輝いている。
この短いだけど鮮烈な輝きの時を、私は大切に生きていきたいと思う。

Archive

New post